不動産投資の種類

「不動産投資」とは「不動産を活用して利益を得る投資法」の総称です。不動産を運用して利益を得る方法として以下の2つの方法があります。

○キャピタルゲイン(capital gain) 一時期話題になった「土地ころがし」のように、将来値上がりしそうな不動産を購入し、値上がりした時に売却して差額を得る方法です。現在では不動産価格の上昇が見込まれる地域も少なく、むしろ地方では価値は下がる一方で、残念ながらこの方法で大きな利益を期待できる状況ではありません。

○インカムゲイン(income gain) 所有している不動産を人に貸し、地代・家賃・テナント料等として利益を得る方法です。 現在人気となっている不動産投資は、この「インカムゲイン」を目的としたものです。また土地建物という現物資産に替えておくことで、将来インフレが起きた場合にも資産が守られるというメリットもあります。 不動産投資の場合、ネックとなるのは不動産を取得するために大きな資本を必要とすること。そのため不動産投資をするのは限られた人となり、マーケットも非常に小さく限定されたものとなっていました。しかし最近では様々な仕組みが開発され、一般の投資家にも参加しやすい環境ができています。 不動産投資の方法には、大きく分けて以下の3つがあります。

○現物不動産投資
○小口化不動産投資
○証券化不動産投資

それぞれのメリット・デメリットは何でしょうか?

現物不動産投資

「不動産投資」という言葉でもっとも連想されやすいのが、「現物不動産投資」です。 ・自分の所有している土地を貸して地代をとる。 ・ビルやマンションを建てる、あるいは既にあるものを購入するなどして、企業や個・・・

小口化不動産投資

現物不動産投資のデメリットである「資本金不足」を、出資者を集めることで解決する方法です。不動産会社が中心となって投資家を募り、集めた資金でマンションやビル等を建設し、得られる収入を投資家に還元するもので・・・

証券化不動産投資

一般的にREIT(Real Estate Investment Trust)と呼ばれています。アメリカのREITと仕組みが異なる点もあるため、区別して「J-REIT(ジェイ・リート)」と称されることもあります。不動産運用を目的とした「投資法人」が投資口(株・・・